2013 山火事のヨセミテ

8月、夏休みに、ヨセミテに行ってきた。

楽しみにしていた旅行だけど、不安だったのは、大規模な山火事が起こっているというニュース。
山火事が頻繁に起こるところとはいえ、大丈夫なのだろうか。
山も心配だけど、正直、わたしたちの旅のスケジュールに影響がないかというのも心配。

8月25日。
トレッキングに向かう途中の、タイオガロードの展望スポットから、遠くの山で煙が上がっているのが見えた。
広範囲に煙が広がっていることに驚く。

望遠レンズに替えて撮影。小さな煙がもっと手前でも数ヵ所から上がっているのがわかった。

8月26日。
同じ場所を通ると、煙は明らかに近づいてきていた。
煙の下の方が赤く染まって見える。
非常事態宣言が出されているというのも、つながりにくいインターネットのニュースで知った。
大きな煙には素直に恐怖を感じる。

実際には、煙が遠くで見えたほかには、ヨセミテに滞在した5日間、トレッキングにも宿泊にも火事の影響を受けることはなかった。
しかしながら、わたしたちがヨセミテを後にした翌日からタイオガロードは数日間クローズとなってしまったため、その道を通って次の町に移動したわたしたちは、日程が1日ずれていたら大幅に旅行のスケジュールを変更しなくていけなくなるところだった。
ともあれ、1日も早い鎮火を望むばかり。
とヨセミテを後にしたわたしたちだったけれど、そうは問屋がおろさない。

翌々日、わたしたちを待っていたのは白く煙った町。

車で走っていると、青空がだんだんと白くなり、遠くに見えていた山肌が姿を消し、近くの木々まで霞んで見えてきた。
ひょっとして・・・、と車を停め外に出てみると、辺りは明らかにきな臭い。
山火事の煙が届いていたのだ。
宿泊するレイクタホは、青空が広がっているはずだったにもかかわらず、白く霞んでいた。
おまけにホテルの中までなんだか煙の臭いに包まれている。

テレビのニュースでも扱われていて、生徒は校庭に出ないようにしている、センシティブな人は外で活動するな、と伝えていた。

ちなみに、レイクタホって、ヨセミテから100マイル離れてるんだよ!
まったく、改めてアメリカの広さを痛感した旅となった。

早く火災が収まりますように!
vegasqueen * アメリカ旅 * 12:11 * - * - * - -

The Waveへの道 その6

The Waveと呼ばれる場所ではようやく絶賛写真撮影中の先客に出会った。

それまで歩いている間は貸し切り状態だったわけで、さすが人数制限しているだけのことはある。
正直、アメリカの他の国立公園でも、トレイルヘッドの駐車場に他の車が全然なかったり、トレイルでも動物にしか遭わなかったりというところはざらにあったけど、人の気配がないとさびしくて不安になったもの。

それにひきかえここは見通しがいいせいもあるかもしれないけれど、人がいなくても当り前という前提があるから不安にならないし、逆にそれが選民意識をくすぐったりもして。

じゃーん、ここが、見たかった場所、The Waveでござい。















持ってきたお弁当を広げて、しばしくつろいだら、もう少し先の方へ進んでみる。
ここまではもらった地図で辿りつけるけれど、この先にも面白い風景が広がっているので、ここからはGPSがあった方がいいかもしれないです。

端の方が見るからにもろくてすぐに砂に返りそうな岩も多かった。 巨体のアメリカ人が大挙したら、あっという間に景観が変わってしまうかもしれない。














30分くらい進んだところで、引き返すことにする。 The Waveでは先ほどの人たちがまだ絶賛写真撮影中だった。

すれ違った人たちに「あっちに行ってみるといいよ」と指さされた方へ向かうと、来たときには気づかなかった巨岩が表れた。
本当にここは奥が深くて面白い。














あとは来た道をゆっくりと引き返す。
早朝から歩き始めたのは正解だった。まったく日陰がないので日中ずっと歩き続けるのはきついと思う。
PM2:00、駐車場に到着。まだ日は高いけど朝が早かったから7時間のトレッキングということになる。
車は朝より増えていたけれど、みんなどこにいたんだろう?

同行のYさん親子をPageまで送り届けたらThe Waveのトレッキング、無事終了!!
・・・のはずだったんだけど、Pageでスピード違反で捕まる、というかっこわるいオチがついてしまったのでした。

めでたし、めでたくなし。

これにて、The Waveへの道は完結。もうちょっと詳しい写真や、その前後の旅行記はこちらにまとめてるので、興味のある方はのぞいてください。
vegasqueen * アメリカ旅 * 21:14 * - * - * - -

The Waveへの道 その5

トレイルに入ってしばらくは、さらさらした砂地の上を歩く。残っている足跡が進むべき方向を教えてくれているので、迷うことはない。




























緑の多い山を過ぎたら、いよいよトレイルのない岩の上を、渡された地図に載っている目印となる岩を探しながら歩くことになる。
















岩も、メロンパンのようだったり、恐竜の背骨のようだったり、場所場所で個性があって面白い。


そして水を飲む程度の休憩のみで歩き続けること2時間ちょっと、 ついに!念願の!!The Waveが姿を現した。 「おお!」っと誰もが声を出す光景。ワンダホー!





















vegasqueen * アメリカ旅 * 13:52 * - * - * - -

The Waveへの道 その4

なんとこのブログ書くの5ヶ月ぶりです。ひどい話ですね。
これから佳境に入るというのに。

ちなみに、場所と入場制限のせいでなかなか行きづらいアメリカのバーミリオンクリフのThe Waveに、2011年10月に行ったときの記録を載せています。

***
10月17日
朝6時に、前日抽選会で会った日本人の親子をピックアップして、一緒に目的地に向かう。
悪路を走ること1時間、駐車場に到着。数台の車が停まっている。





まだ外は薄暗く寒い。
駐車場のトイレも、懐中電灯を持っていかないと真っ暗。



トレイルに入るとトイレはないため、自分でお持ち帰り用の準備が必要。
一緒のYさんは簡易トイレを持ってきた、と言っていたけど、わたしは一応ペーパーとジップロックを持っていった。
(結局使わなかった。乾燥してるし、汗かくし・・・でトイレに行きたくならなかったのは幸い・・・)



前日の抽選の後に渡された地図を片手に出発!!
vegasqueen * アメリカ旅 * 15:41 * - * - * - -

The Waveへの道 その3

 10月16日
ぜったいに寝坊できないというプレッシャーの中、きちんと予定通り起床。
朝食をとり、勝手知ったるThe Waveの抽選会場へ向かう。

8時50分、抽選会場着。
駐車場には前日とは違ってびっしり車が停まっている。
事務所に入ると、何も言わなくても申込書が出された。
名前と人数を書き、19番という番号をもらう。
この日は、結局23組が抽選に参加。















9時ぴったりにビンゴの要領で抽選が始まった。
明日The Waveを見ることができるのは、この中の10人だけ・・・。
むくつけき大男たちが、小さな籠の中の玉を見つめる。

この抽選が厳しいのは、10組ではなく、10名だということ。
たとえば、4人のグループが2回先に当たってしまえば、残りの枠は2名。そこで3名のグループが当たっても、その中の2人しか行けないのだ。うーん、厳しい。

出た玉のナンバーが読み上げられる。
当たった人が歓声を上げる。
2人が決まりそしてまた2人が決まった。次第にあせってくる。
すると、「No.19!」わたしたちの番号が呼ばれた。なんてこった!!当たっちゃった!!
思わず夫とハイタッチ。

いやあ、実は、当たるんじゃないかと思ってたよ。わたし、くじ運いいもん。
と言ったら、「いや、申し込んだのオレだし。オレの名前だし。」と夫。ああ、そうでしたっけ。

他の外人たちに比べてやや遠慮がちに喜んでいたら、
「当たったんですね、おめでとうございます」と日本語で話しかけられた。
小柄な日本人の女性。去年に引き続いて2年目の挑戦だという。
しかも彼女たちは4人組。だんだんと旗色が悪くなってきたところだった。
当たるといいですね!と抽選の続きを見守る。
もちろん、自分たちがもう当たったあとだからの余裕でそう言えたのであって、もし自分たちが当たってなかったら、4人組は当たらないで・・・と思っていたに違いないんだけど。

残念、次は外人2人組。
残ったのは最後の2枠。緊張が走る会場。
そこで呼ばれたのは、なんと彼女たちの番号だった。
「やったー!」と喜ぶ。しかし、それは一瞬。
「2人しかいけないけど、どうする?」と係の人が聞く。4人の中で行く2人を選ぶか、キャンセルするか、厳しい選択をその場でしなくてはいけないのだ。
まだ当たってない人たちも彼女の答えを待つ。
「行きます!」元気に彼女は答えた。

「行ったほうがいいですよね?」
「そりゃそうですよ。せっかくだし」と答えながらも、お留守番隊に決まってすねている少年の姿も目に入ってきて、そっちも気になるったら。
しかし、少年とそのお母さんは明日の抽選にまた挑戦するということで話がついたらしい。
ほんの10分の間にちょっとしたドラマまで生まれちゃって、まったくもう。大変な抽選だ。



















緑の紙が、栄えある入場許可証。
もらった人たちだけがその場に残って、The Waveまでの道のりと注意点などを聞く。

日本人の彼女たちと、明日一緒に行きましょう、という約束をして別れる。
vegasqueen * アメリカ旅 * 21:29 * - * - * - -
このページの先頭へ