<< The Waveへの道 その6 | main |

2013 山火事のヨセミテ

8月、夏休みに、ヨセミテに行ってきた。

楽しみにしていた旅行だけど、不安だったのは、大規模な山火事が起こっているというニュース。
山火事が頻繁に起こるところとはいえ、大丈夫なのだろうか。
山も心配だけど、正直、わたしたちの旅のスケジュールに影響がないかというのも心配。

8月25日。
トレッキングに向かう途中の、タイオガロードの展望スポットから、遠くの山で煙が上がっているのが見えた。
広範囲に煙が広がっていることに驚く。

望遠レンズに替えて撮影。小さな煙がもっと手前でも数ヵ所から上がっているのがわかった。

8月26日。
同じ場所を通ると、煙は明らかに近づいてきていた。
煙の下の方が赤く染まって見える。
非常事態宣言が出されているというのも、つながりにくいインターネットのニュースで知った。
大きな煙には素直に恐怖を感じる。

実際には、煙が遠くで見えたほかには、ヨセミテに滞在した5日間、トレッキングにも宿泊にも火事の影響を受けることはなかった。
しかしながら、わたしたちがヨセミテを後にした翌日からタイオガロードは数日間クローズとなってしまったため、その道を通って次の町に移動したわたしたちは、日程が1日ずれていたら大幅に旅行のスケジュールを変更しなくていけなくなるところだった。
ともあれ、1日も早い鎮火を望むばかり。
とヨセミテを後にしたわたしたちだったけれど、そうは問屋がおろさない。

翌々日、わたしたちを待っていたのは白く煙った町。

車で走っていると、青空がだんだんと白くなり、遠くに見えていた山肌が姿を消し、近くの木々まで霞んで見えてきた。
ひょっとして・・・、と車を停め外に出てみると、辺りは明らかにきな臭い。
山火事の煙が届いていたのだ。
宿泊するレイクタホは、青空が広がっているはずだったにもかかわらず、白く霞んでいた。
おまけにホテルの中までなんだか煙の臭いに包まれている。

テレビのニュースでも扱われていて、生徒は校庭に出ないようにしている、センシティブな人は外で活動するな、と伝えていた。

ちなみに、レイクタホって、ヨセミテから100マイル離れてるんだよ!
まったく、改めてアメリカの広さを痛感した旅となった。

早く火災が収まりますように!
vegasqueen * アメリカ旅 * 12:11 * - * - * - -
このページの先頭へ